文字サイズ

生活支援コーディネーター

生活支援コーディネーター

~地域支援を推進するためのネットワークの構築と協議体の設置~

生活支援コーディネーターは、介護予防・日常生活支援総合事業(以下、「総合事業」という)に位置付けられた専門職で、高齢になっても住み慣れた地域で暮らしていけるよう、住民同士の支えあいの取り組みや、生きがいづくり・自分らしく活躍できるための場づくりを進めていく役割を担っています。

第1層(市全域を対象にした資源開発や協議体の設置)と第2層(中学校圏域:人口20,000~30,000人程度を対象にした具体的な活動の創出)に分かれており、府中市においては、第1層を専従で1名、第2層については地域福祉コーディネーターの役割にもある地域住民同士の活動を支援する「地域支援」という共通の役割もあることから、地域福祉コーディネーターと兼務という形で配置しています。

わがまちタウンミーティング

住民同士の支えあいを推進するため、市内全域で情報の共有や、学習の機会、つながりの機会として年に2回開催しています。

令和5年度 第2回わがまちタウンミーティング(PDFファイル)

申込はこちら:https://forms.gle/S25dDzqdVwhYF8ua7

地域なんでも相談員

なんでも相談員とは、地域のちょっと気になること・・心配ごとなどをコーディネーターやわがまち支えあい協議会へつなぎ、解決に向けて一緒に考えていく役割を担っています。

【地域なんでも相談員養成研修】

年に1回開催しています。なんでも相談員に登録するための研修です。

地域活動推進課 まちづくり推進係 042-364-5382

language